引越し キャンセル

引越しとキャンセル

引越し キャンセル

 

引越し業者と契約したにもかかわらず、引越しをキャンセルしなければならないということがあるかもしれません。
急病で入院したり、事故、長期出張などは予測不能なので、誰にでも起こりうる事です。

 

しかしこれらの場合も完全にこちらの都合によるキャンセルなので、キャンセル料が気になりますね。
キャンセル料はいつからかかるのか、そしていくらかかるのか気になるところですね。

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると、以下の通りです。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということ。

 

引越しの前日からしかキャンセル料がかかないのならまだ連絡しなくてもいいかと思われるかもしれませんね。
しかし引越し日ギリギリの急なキャンセルは、引越し業者は本当に困りますからキャンセルが決定した時点ですぐに連絡して下さい。

 

それとトラブル防止のために、必ず引越し業者と交わした契約書のキャンセルについての取り決めのご確認ください。
標準引越運送約款は改訂される可能性があるので、必ずチェックしてください。

 

最初からキャンセルするつもりの方はいないと思います。
事情ができてキャンセルせざる得ない場合は早めに引越し業者に連絡して解約手続きを行ってくださいね。